BLOGスタッフブログ

かめい歯科クリニック

2019/07/15

    歯科コラム,虫歯治療・歯周病,審美・ホワイトニング,ノンメタル治療

保険適用内の材料は、「審美性」「耐久性」等の面で限界が・・・前歯の差し歯の材質の違いについて

差し歯とは、一般にむし歯などで歯を削った後に入れる被せ物(クラウン)のことをいいます。

 

差し歯の構造は、神経を取った歯などは歯の根だけが残っている状態なので、そこに歯を作るための土台を入れます。そして、その上に被せ物を入れてセメントで固定します。土台の種類については、前回のコラムを参考にして下さい(こちらをクリック)。

 被せの構造

前歯を差し歯にするときに、保険内の材質(プラスチック)にしようか、保険外の材質(セラミック)にしようか迷われる方は多いように思います。

保険内のものは、見た目や変色の問題が気になりますし、保険外のものは費用の面で迷われる方が多いように思います。

今回は前歯の差し歯を選択される場合の、材質の違いについてお伝えします。

 セラミックの種類

保険内の材料の主な特徴については以下の通りです。

   変色する

   他の歯と色が調和しない(色が合いにくい)

   被せの境目が黒く見える

   プラスチック部が剥がれてしまう

   汚れが付きやすく、境目からむし歯になる可能性がある

 セラミックと保険の違い

①変色について

 プラスチックは口の中で水分を吸水するため、劣化しやすく黄ばんできます

②色が合いにくい

 一般的な歯の色の方はそれほど目立ちませんが、色が濃い方やまだらな感じの方は、プラスチックでは色が出せないため、周りの歯と浮いてしまいます

③境目が黒く見える

 保険の前歯は、金属の土台と金属の被せの表面にプラスチックを貼り付けています。そのため、歯ぐきとの境目が金属色に見えてしまいます。

④プラスチック部が剥がれてしまう

 金属表面のプラスチックは、金属やプラスチックの劣化、プラスチックの収縮によって、剥がれてしまう事があります。

⑤汚れが付きやすい

プラスチックの表面は、歯磨きや食事のときに傷が付きやすく、細菌や汚れが溜まりやすくなります。

 セラミックとプラスチックの違い

治療方法を決める前に

保険適用内の材料は、「審美性」「耐久性」等の面で、やはり限界があります。

長い目で見れば、多少金額が高くても、きれいで丈夫な材質を選択される方が良い場合もあります。

見た目にも大切な前歯、後悔しないためにも、しっかりとリスクも知った上で治療することをお勧め致します。

審美については、こちら

ホワイトニングについては、こちら

セラミック(セレック)治療についてはこちら

ご予約、ご相談はこちら

名張市の歯医者かめい歯科クリニック
住所 〒518-0465 三重県名張市赤目町丈六449-1
診療時間 月曜日・火曜日・金曜日 8:30〜17:30 水曜日か木曜日 10:00〜19:00
土曜 8:30〜16:30
休診日 隔週の水曜日か木曜日・日曜日・祝日
最寄駅 赤目口駅

一覧に戻る