BLOGスタッフブログ

かめい歯科クリニック

2020/08/03

    歯科コラム,日常のひとこと,虫歯治療・歯周病,小児歯科・小児矯正,マタニティ,予防歯科,その他

歯科分野でのバクテリアセラピーとロイテリ菌~抗菌剤を避けたい赤ちゃんや妊婦の方、授乳中の方、抗菌剤の常用によって副作用に悩まされている方など にオススメです!~

前回、バイオガイアアカデミーのセミナー参加のブログでも軽く触れさせて頂きましたが、今回はバクテリアセラピーとロイテリ菌についてより専門的に説明致します。 


予防先進国スウェーデンのバイオガイア社を中心に研究と臨床への応用がすすめられているバクテリアセラピーのロイテリ菌をご存知ですか? 


バクテリアセラピーとは? 

『バクテリアセラピー(Bacterio-therapy)』とは… 

『有害微生物によって乱された微生物叢を有益な菌株を摂取することで自然な状態に回復させ維持すること。』 

→善玉菌を投与することで、悪玉菌の割合を減らし、菌質を改善することで疾病の予防・治療役立てる。


要するに、ヒトに有益な「善玉菌」を補給することで、病気やトラブルの原因になる「悪玉菌」の割合を減らして、体内の菌のバランスを整え、病気の予防や治療に役立てるのです。 



歯科でバクテリアセラピー? 

歯科分野でバクテリアセラピーが推奨される理由は、口内フローラを整え、お口から全身の菌質を守り、SRP(歯周治療)などの治療効果を高めるからです。 

お口は空気や水分・食物と共に様々な菌の入り口となる重要な部位です。 

そして、歯周病は心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病のリスクを高める深刻な病気に影響します。 

お口の衛生と健康を悪玉菌から守ることが、全身の健康を守ることに実は繋がっているんです。 

口は全身の入り口だから、口の中の「菌質」は、全身の菌質を大きく左右すると言えるんですね。 


有益な働きをする微生物はたくさん存在しますが、乳酸桿菌が大変有用であると言われています。 

当院では、バイオガイア社のロイテリ菌を導入することになりました。 


L.ロイテリ菌とは? 

『L.ロイテリ菌(Lactobacillus reuteri)』とは… 

WHO のプロバイオティクスの定義を満たすヒト由来の乳酸菌 

※プロバイオティクスとは、抗生物質と対比され、共生を意味する 「十分量を摂取した時に宿主に有益な効果を与える生きた微生物」を指す 

口腔領域から大腸まで、ヒトの全ての消化管に定着できることが確認された母乳・口腔由来

ほとんどの哺乳類で存在が確認され、母乳などを通じて母体から赤ちゃんに受け継がれて来た自然な乳酸菌

宿主に害を及ぼさず、古代からヒトや動物と共存していた

ヒトの体内にとって有害な悪玉菌を感知した時のみロイテリンという天然の抗生物質を産生する →有益な常在菌には働きかけず、悪い菌だけを制御することができる 

カロリンスカ大学(ノーベル生理学・医学賞審査本部)との共同研究を創立当初から行なっているため、しっかりとしたエビデンスがあり、信頼度が高い


要するに、世界各国で信頼性と安全性が証明され、生きているという絶対条件も満たした乳酸菌であるという事です。 



なぜ摂取が必要? 

1960年にはロイテリ菌を自然獲得しているヒトは30%~いましたが、現代は2%~とかなり減少しているからです。 

〈減少理由ライフスタイルの変化〉 

・抗生物質や薬剤の使用増加 

・ストレス 

・帝王切開‥産道で獲得出来る菌を得られないため 

・少人数家族、潔癖症‥様々な人間の菌との接触が少ないため 

・粉ミルク‥乳管から獲得出来る菌を得られないため 

上記の理由から、現代人の多くが自然に得られる可能性は低い上に、獲得していても少量であると言えますね。 


摂取頻度は? 

毎日1~2錠を目安にゆっくり舐めながら摂取します。 

胃酸や胆汁に強く、毎日摂取する事で、全ての消化管に定着してコロニー(集落)を形成します。 


バクテリアセラピーを特にオススメしたい方は? 

抗菌剤を避けたい赤ちゃんや妊婦の方、授乳中の方、抗菌剤の常用によって副作用に悩まされている方など 

風邪や歯周病の治療には悪玉菌を殺菌する目的で抗菌剤(抗生物質)が使用されますが、抗菌剤は体内の善玉菌も殺菌してしまうため、多用すると副作用が起こってしまいます。 

また、社会問題にもなっていますが、抗菌剤の濫用によって、抗菌剤の効かない「薬剤耐性菌」を産んでしまいます。 

日頃から疾病予防としてバクテリアセラピーを実施する事も、治療の選択肢として推奨されています。 



★導入される製品の特徴などの詳細は導入後載せさせて頂きます。 


今後もロイテリ菌はまだまだ研究開発が進められます。 

歯科でも有用な微生物ですので、治療との併用が期待できますね。 

当医院でも、新しい予防医療として取り入れていきますのでご期待ください。


名張市の歯医者かめい歯科クリニック
住所 〒518-0465 三重県名張市赤目町丈六449-1
診療時間 月曜日・火曜日・金曜日 8:30〜17:30 水曜日か木曜日 10:00〜19:00
土曜 8:30〜16:30
休診日 隔週の水曜日か木曜日・日曜日・祝日
最寄駅 赤目口駅

一覧に戻る

RELATED関連記事

2020/07/25

    歯科コラム,日常のひとこと,虫歯治療・歯周病,小児歯科・小児矯正,マタニティ,予防歯科,その他

バクテリアセラピーのセミナーに参加してきました~学校では学べない新しい医療について勉強してきました~

2017/07/01

    歯科コラム,日常のひとこと,小児歯科・小児矯正,予防歯科

かめい歯科クリニックで働く歯科衛生士のひとり言~お子さんへの贈り物について~